読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J_bunbun’s diary

君の涙で花が育ち、君の笑顔で花が咲く。

夢のカード

私は今日やっとの思いで夢のカードを手にした。
やっとだ。
卒業式の次の日に5000円を振り込んだ。
ここまできたらおわかりだろうか。
そう。やっと、ファンクラブ会員になりました。
やっとHey! Say! JUMPのファンクラブに入会した。
ずっと行けなかったコンサート。
今年は行けるだろうか。
楽しみだ。

そして思いのほか届くのが早かった。
そしてその封筒が自分の手で開けられなかったことを報告したい。笑
今日は母と弟が出掛けていた。
私は家の中でゴロゴロJUMPのデビュー魂を見ていた。
しかも会員紹介に電話もかけていた。(その時点でポストを見に行けばよかったものの無駄なお金を使ってしまった
しかし登録した電話番号が家電か携帯か忘れて結局自分では確認することが出来なかった。(つくづく呆れる
帰宅した母がニヤニヤしながらいいもの届いたよと言った。
私はファンクラブか!?と思ったが期待して違っては残念が大きい。そう、これはネガティブ思考。
なになに〜?と私が聞くと母は言った。
あみだくじしよう!
はい?なんであみだくじ...
当たりを引いたら渡してあげる。
鬼畜だ。笑
私は自信がなかったが引いてみた、そうそして当たり出ましたァァぁあ!!!!!!!
ねぇ!早く頂戴!!!!ねぇ!!!
スルー。お前ら当たったら当たったで無視?と心の中で嘆いた。笑
そして時間が経ってから母はそれを手渡してきた。そう、








開封された状態で







なぜ開封した。何事なんだ。
私開けるの夢だったのに
「せっかく、綺麗に破ってあげたのに〜」




ふざけるな






私が焦がれていた封筒を開けてやっと届いた!やったぁ!ということが出来なかったのだぞ。
しかもファンクラブ入って初めての封筒だぞ?
母にはもう何も言わなかったが正直ダメージくらいまくりだった。
私はファンクラブに入れたもののその会員証が入った封筒を開けることが出来なかった。
しかしファンクラブに入会したことは嘘ではない!!!!!!
ポジティブに受け止めよう!!!!





ということで私はHey! Say! JUMPのファンクラブ会員になれた。
これでツアーが決まるのが待ち遠しくなった。
残念ながら野球大会は平日なので無理そうだ。


夢のカード



私にとってそれはファンクラブの会員証だ。笑